緑や 合成スタジオ | 防音室施工例

緑や 合成スタジオ
ファイブクリエイション代表 高島様

こちらのスタジオはどのような用途で使われているのでしょうか?

クロマキー撮影用のスタジオになります。

映像等の素材制作において、人物のみをこちらのスタジオで撮影し、背景をCGや画像に置き換える(合成する)用途でご利用いただきます。制作側のメリットも大きい事から、近年ニーズが高まってきている撮影方法になります。

撮影時に背景を緑色にしているのは、素材を切り抜く工程での便宜上の理由からで、一般的に”グリーンバック”と呼ばれています。

遮音工事を考えられた経緯を詳しくお聞かせください。

これまで以上のコンテンツクオリティを得るために、今回遮音工事をお願いしました。

このスタジオ自体は地下1Fにあるのですが、階上が道路に面しているんです。
そのため、撮影時に不要な音が入ってしまうのが懸念ポイントでした。

スタジオをご愛用いただいているお客様に、このスペースの中で最大限に満足していただくモノは何か?
やはり「遮音」だったんですよね。

ご検討の際、防音工事の見積りは何社に依頼されましたか?

検討時に5社ほどリストアップし、実際に見積もりをお願いしたのが3社です。
一番最初に来ていただいたのがDSPさんでした。

業者選定のポイントは?また最終的に当社を選んでいただけた理由(決め手)は何ですか。

ファイブクリエイション代表 高島様

まず、来ていただいたスタッフの方が誠実で一番対応が良かったこと。
また、防音施工後の遮音性能を数値でしっかり明言していただけたことです。

価格面でもDSPさんには十分考慮していただきました。
中には、「この業者よりこれだけ安くします」といった提案をしてくる業者もいましたが、本来の目的である防音クオリティへのリスクを考えると金額だけでは 決められません。


コストを下げれば、削らなければならない部分が発生するのは当然ですから。

とはいえ、最終的には工事をお願いするまでのコミュニケーションを含め、「人」で判断してDSPさんにお願いする事にしました。

今回のインタビューも含め、遮音工事後もお互いの関係性を持続できるのは素晴らしいですね。
DSPさんとはこれからも良いお付き合いができたらと思っています。

工事着工にあたり、現場監督や職人の対応はいかがでしたか?

対応も良く、工期を含め予定通り。というより予定以上にやっていただきました。
工期中はスタジオ営業が出来ないので非常に助かりました。

防音工事 遮音壁
防音工事 遮音壁
防音工事 仕上げ前
防音工事 仕上げ前

工事完了後の測定にお立ち会いいただきましたが、遮音性能にはご満足いただけましたか?

測定器を用いた数値に満足した事はもちろんですが、これまで1枚だったスタジオ入口ドアに防音ドアが加わり、尚且つスタジオ全体に遮音工事を施したことによる性能を十分に体感する事が出来ました。

工事前と比べて、スタジオご利用のお客様の反応はいかがですか?

竣工後のスタジオ
竣工後のスタジオ

スタジオを開設して5年位になるのですが、遮音工事後にこれまでのお客様に向けてインフォメーションをしたところ、おかげ様でたくさんの反響をいただいております。

また、撮影中に外から音が入ってこないので、より制作に集中できるようになったとの声もあがっています。


今回、当スタジオの強みとなった遮音性能について、スタジオHPにも大きく取り上げさせてもらいました。
http://www.midoriya-st.com/contents/

今回の工事によって得られた運営・制作サイドでのメリットは?

同録撮影が可能になったことにより、不要な音の混入によるアフレコや再編集の手間が省けるようになった事が一番のメリットですね。作業効率もアップしました。

最後に合成スタジオ「緑や(みどりや)」のPRをお願いいたします。

安価にご利用いただけるグリーンバックスタジオですが、今回の遮音工事でより一層快適に撮影いただけるスタジオになりました。
有名アーティストにご利用いただくこともあり、リピーターのお客様も多数いらっしゃいます。

撮影後のCG制作作業も承っておりますので、詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.midoriya-st.com/

本日はお忙しい中ありがとうございました。
スタジオの益々の発展をご期待申し上げております。

防音室を考えられた目的は何ですか?

当社専門スタッフがお客様の実現したい内容を丁寧に分析・ヒアリング。遮音性能に優れたオンリーワン仕様の快適な防音室をご提案いたします。