室内騒音とNC値

NC値とは?

NC曲線

交通騒音など、窓や壁を透過してくる外部からの騒音や、空調機やエレベータ等、内部の設備騒音を「室内騒音」といい、より良い防音室空間の環境を左右します。

この室内騒音を表す値として「NC値」を用います。

NC(Noise Criteria)値 は、アメリカの音響学者、L.L.Beranek(ベラネック)氏が提案し、オフィス内騒音(空調騒音などの広帯域スペクトルを持つ定常騒音を対象)の実態調査と、そこで働く職員へのアンケート調査を基にまとめられました。

NC値の測定方法

測定点において、騒音計(1/1オクターブバンドフィルタ付)で63Hz~8kHzまでの各周波数帯域の値を読みとり、NC曲線(右図)にあてはめ、全てのポイントで下回る数値がその部屋のNC値となります。

例えばオフィスにおいて我慢できる騒音の大きさの限度は、NC-40程度とされています。高低音すべての周波数(右図X軸)の音がNC-40の曲線を下回れば、NC-40以下の騒音に抑えることができます。

NC値と会話のし易さ

NC値 室内の状態 施設例
NC-15以下 最も静かで、小さな声でも会話ができる レコーディングスタジオ、コンサートホール
NC-20~30 非常に静かで会話にも電話にも支障なし
大会議可能
多目的ホール、劇場、オペラハウス、教会、礼拝堂
重役室、大会議室、テレビスタジオ
NC-30~35 静かで、4~5mのテーブルで会議ができる
3~9m離れて普通の会話ができる
和室、応接室、小会議室
NC-35~40 2~2.5mのテーブルで会議ができる
電話での会話には支障なし
2~4m離れて普通の会話ができる
中会議室、工事事務所、多目的イベントスペース
NC-40~50 1.5mのテーブルで会議ができる
電話で会話しづらくなる
普通の声で1~2m、やや大声で2~4m離れて会話ができる
大きな機械室、製図室
NC-50~55 3人以上の会議はできなくなる
電話で会話しづらくなる
普通の声で30~60cm、やや大声で1~2m離れて会話できる
タイプ室、計算機室、製図室等
NC-55以上 非常にうるさい
事務室としての使用は難しい
電話での会話が難しい
適用なし

空調機等の設備騒音

外部騒音に対する遮音対策が強くなされているレコーディングスタジオ等に関しては、空調設備騒音等の室内で発生する騒音によって、NC値が左右されることがほとんどです。空調設備には、大きく分けて「ダクトタイプ」と「天井カセットタイプ/壁掛けタイプ」の2種類があります。

ダクトタイプ

ダクトタイプの空調機は、消音装置との組合せにより空調が稼働していても静かな環境を保つことができます。設置する消音装置にもよりますが、NC-20 ~ M.A.F.(Minimum Audible Field:最小可聴音場)程度になります。

ダクトタイプ
天井カセット型タイプ/壁掛けタイプ

天井設置/壁設置タイプは、空調機が稼働しますと一般的なオフィスの騒音レベルと同等になります。消音タイプの換気設備を用いることで、空調が動作していない時の静けさが確保できます。空調使用時はNC-40~30程となります。

天井カセット型タイプ/壁掛けタイプ
ピアノ室
ピアノ室

個人のピアノ練習やピアノレッスン用の防音室をお考えのお客様

詳細ページ
ドラム室
ドラム室

ドラム、パーカッション、バンド練習も可能なお部屋をお考えのお客様

詳細ページ
楽器練習室
楽器練習室

管楽器や弦楽器練習のための防音室をお考えのお客様

詳細ページ
オーディオ・ホームシアター
オーディオ・ホームシアター

オーディオルームやホームシアター用の防音室をお考えのお客様

詳細ページ
レコーディングスタジオ
レコーディングスタジオ

個人宅のDTM/DAWスタジオや業務用レコーディングスタジオをご検討のお客様

詳細ページ
ダンススタジオ
ダンススタジオ

ジャズ、ヒップホップ、ソウル、ハウスなど様々なダンス形態に伴う床振動に対応したスタジオをご要望のお客様

詳細ページ
ライブハウス
ライブハウス

ご希望のライブジャンルに対応したライブハウス、カフェ、音楽ホールなどをご検討のお客様

詳細ページ
無響室
無響室

家電製品や工業製品の動作音測定や音響機器開発のような用途で防音室をお探しのお客様

詳細ページ

防音室を考えられた目的は何ですか?

当社専門スタッフがお客様の実現したい目的を丁寧に分析・ヒアリング。遮音性能に優れたオンリーワン仕様の快適な防音室をご提案いたします。